【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.9.15号

お世話様になります。
岡山県岡山市の社労士事務所、松木労務管理事務所です。
https://matsukiroumu.com/

今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)
A-2 人材開発支援助成金(一般訓練コース)

■ 財団法人助成金情報
B-1 がん患者団体への助成
B-2 TOTO水環境基金

■ 経営お役立ち情報
C-1 エコリース促進事業補助金
C-2 感染症対策等の計画策定支援事業(無料)
C-3 知的財産を経営に生かす知財活用事例集「Rights」

■ IT関連情報
D-1 リサイクルインクカートリッジ利用上の注意
D-2 外字を作るには
D-3 災害用伝言サービス(総務省)

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから
上手に利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給でき
るもので、社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
中高年齢者(40歳以上)の方が、起業によって自らの就業機会の創出を
図るとともに、 事業運営のために必要となる従業員(中高年齢者)の雇入
れを行う際に要した、 雇用創出措置(募集・採用や教育訓練の実施)に
かかる費用の一部が受給できます。

▼主な受給額
(1) 起業者が60歳以上の場合
  雇用創出措置に要した費用×2/3(上限200万円)
  
(2) 起業者が40歳~59歳の場合
  雇用創出措置に要した費用×1/2(上限150万円)

▼主な受給要件
(1) 起業者が起業した法人または個人事業の業務に専ら従事すること
(2) 起業者の起業基準日 における年齢が40歳以上であること
(3) 12か月以内 に対象労働者を一定数以上新たに雇い入れること

▼問合せ先
「ハローワーク」
https://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html

▼詳細説明サイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000115906.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 人材開発支援助成金(一般訓練コース)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
人材開発支援助成金(特定訓練コース)以外の訓練を事業主もしくは事業
主団体等が実施する場合に受給できます。

▼受給額
賃金助成 → 1人1時間当たり380円
経費助成 → 30%

▼主な受給要件
(1) Off-JTにより実施される訓練であること
(2) 実訓練時間が20時間以上であること
(3) セルフ・キャリアドック(定期的なキャリアコンサルティング)を
  規定すること

▼問合せ先
「都道府県労働局」
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html

▼詳細説明サイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 がん患者団体への助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
全国のがん患者会、サポートグループなどで、資金不足からイベントや
プロジェクト、研究などができない団体を公募し、活動資金を助成します。

▼受給額
上限50万円

▼対象事業
がんサロンの運営、情報発信や啓発を目的とした小冊子の作成、患者団体
HPのリニューアル、患者の闘病体験を子どもたちに伝える「いのちの
授業」等

▼受給例
(1) がん患者向け小冊子の作成
(2) 地域の医師を講師に招き、緩和ケア等の討議
(3) 高校生を対象に、乳がん、子宮頸がん、肺がんの出前授業を開催
(4) 基礎的ながん情報を収録し配信
(5) 遺族のケア

▼問合せ・詳細
「公益財団法人 正力厚生会」
https://shourikikouseikai.or.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 TOTO水環境基金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
大切な水資源を有効に活用して社会が持続的に発展していくためには、節
水技術の追求というTOTOの果たすべき役割とともに、NPOをはじめと
する市民活動の果たす役割も欠かせません。「TOTO水環境基金」では、
市民による環境に関する取り組みを支援しています。

▼受給額
1件80万を限度

▼受給具体例
(1) 休耕地により生まれた湿原の保全活動
(2) 大羽谷川の水源および流域の整備・再生活動
(3) 「植栽いかだ法」による水質浄化
(4) 四国霊場88ヶ所トイレ爽やか事業
(5) 佐伯番匠川源流を守るボランティア活動

▼対象となる活動
地域の水環境や生物多様性の保全・再生につながる実践活動や
スタートアップ・ステップアップをめざす市民団体の活動

▼問合せ先・詳細
「TOTO水環境基金」
https://jp.toto.com/company/csr/environment/mizukikin/index.htm

―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 エコリース促進事業補助金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

家庭、業務、運輸部門を中心とした地球温暖化対策を目的として、一定の
基準を満たす、再生可能エネルギー設備や産業用機械、業務用設備等の幅
広い分野の低炭素機器をリースで導入した際に、リース料総額の1~5%を
補助する補助金制度がご利用できます。

「環境省」
https://www.eco-lease.or.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 感染症対策等の計画策定支援事業(無料)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

中小企業者に対して、新型コロナウイルス、自然災害等の事前の対策の
知見をもつ支援人材を派遣して、新型コロナウイルス含む感染症や自然
災害等へ備えるための事業継続力強化計画策定支援を行います。

「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
https://kyoujinnka.smrj.go.jp/tandoku/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 知的財産を経営に生かす知財活用事例集「Rights」
―――――――――――――――――――――――――――――――――

知的財産の効果は、一般的には「独占排他権」としてのイメージが定着
していますが、例えば、「社内の開発力」や「営業力の強化」などにも
好影響をもたらすことはなかなか知られていません。
こうした”知財活用のメリット”に着目し、各事例がどのようなメリット
を有するかを分析し、知財に不慣れな方にもわかりやすく提示する中小
企業向けの事例集です。

「特許庁」
https://www.jpo.go.jp/support/example/kigyou_jireii2020.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-1 リサイクルインクカートリッジ利用上の注意
―――――――――――――――――――――――――――――――――

プリンタの純正インクカートリッジは高い、と多くの人が感じていると思
います。そこで、リサイクルインクカートリッジが登場しているわけです
が、ただ安いからという理由で使っているとかえって高いものについてし
まうことがあります。
プリンタメーカーは純正品以外のインクカートリッジを使用して故障した
場合は、保証期間内でも有償修理になったり、修理拒否となるケースもあ
るようです。

http://www.midoridaichi.net/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-2 外字を作るには
―――――――――――――――――――――――――――――――――

外字は、文字コードやフォントデータなどに含まれていない文字を、後か
ら独自に追加作成したものです。通常の文字コードに収録されていない、
特殊な人名や地名、歴史的な文字などを表すために作成されます。

「NECサポート」
https://faq.nec-lavie.jp/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=017849

―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-3 災害用伝言サービス(総務省)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

近年の日本は毎年各地で大きな災害が発生しています。
いざという時のために確認しておきましょう。

(1) 災害用伝言ダイヤル(171)
被災地の方が、自宅の電話番号宛に安否情報(伝言)を音声で録音(登録)
し、全国からその音声を再生(確認)することができます。

(2) 災害用伝言板
携帯電話・PHSのインターネット接続機能で、被災地の方が伝言を文字に
よって登録し、携帯電話・PHS番号をもとにして全国から伝言を確認でき
ます。

(3) 災害用伝言板(web171)
パソコンやスマートフォン等から固定電話番号や携帯電話・PHS番号を
入力して安否情報(伝言)の登録、確認を行うことができます。

(4) 災害用音声お届けサービス
専用アプリをインストールしたスマートフォン等の対応端末から、音声
メッセージを送信することができるサービスです。

それぞれの利用方法などはこちらです。
「総務省」
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/net_anzen/hijyo/dengon.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
配信元 松木労務管理事務所
〒700-0816 岡山県岡山市北区富田町2丁目6-6 コートスクエアーⅢ502
TEL 086-235-4987 FAX 086-223-2299
Mail roumu@kiu.biglobe.ne.jp
URL https://matsukiroumu.com/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

助成金メルマガ情報

  1. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.10.15号
  2. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.9.15号
  3. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.9.1号
  4. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.8.17号
  5. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.8.1号
  6. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.7.15号
  7. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.5.1号
  8. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.4.15号
  9. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.3.16号
  10. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.2.17号
  11. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2020.2.3
  12. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.12.2
  13. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.11.16
  14. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.11.5
  15. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.10.24
  16. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.9.2
  17. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.8.20
  18. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.8.2
  19. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.7.16
  20. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.7.3
  21. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.6.19
  22. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.4.2
  23. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2019.3.23
  24. 【岡山・社労士】助成金メルマガ情報2019.3.1
  25. 【岡山・社労士】助成金メルマガ情報2019.2.15
  26. 【岡山・社労士】助成金メルマガ情報2019.2.5
  27. 【岡山・社労士】助成金メルマガ情報2019.1.15
  28. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.12.3号
  29. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.11.15号
  30. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.11.1号
  31. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン2018.10.15号
  32. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.10.1号
  33. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.9.18号
  34. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.9.7
  35. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.8.17号
  36. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.7.2号
  37. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.6.15号
  38. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン2018.5.17号
  39. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン2018.4.17号
  40. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン2018.2.1号
PAGE TOP