【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.11.1号

お世話様になります。
岡山県の社労士、松木労務管理事務所 です。
http://matsukiroumu.com/

今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 受動喫煙防止対策助成金
A-2 障害者職場復帰支援助成金

■ 財団法人助成金情報
B-1 中小企業優秀新技術・新製品賞
B-2 平成31年度福祉助成金

■ 経営お役立ち情報
C-1 住宅用太陽光発電設備の買取期間満了を迎える方へ
C-2 総務省 テレワークマネージャー派遣事業(無料)
C-3 中小企業 新ものづくり・新サービス展

■ IT関連情報
D-1 win10で起動時のパスワード入力を省略するには
D-2 不用なソフトをアンインストールするには
D-3 だじゃれステーション

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 受動喫煙防止対策助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

中小企業事業主が受動喫煙防止のための施設設備の整備を行った場合に
受給できます。

▼受給額
喫煙室設置に係る費用のうちの対象費用×1/2 (上限100万円)

▼主な受給要件
(1) 労働者災害補償保険の適用事業主であること。
(2) 中小企業事業主であること

▼助成対象経費
(1) 一定の要件を満たす喫煙室の設置に必要な経費
(2) 一定の要件を満たす屋外喫煙所の設置に必要な経費
(3) 換気設備の設置などの措置に必要な経費

▼問合せ先
「都道府県労働局」
http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/chihou/index.html

▼詳細説明サイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049868.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 障害者職場復帰支援助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
事故や難病の発症等による中途障害などで、長期の休職を余儀なくされた
労働者に対して、職場復帰のために必要な職場適応の措置をとり、雇用を
継続した事業主が受給できます。

▼主な受給額
支給対象労働者数×70万円

▼主な受給要件
「支給対象労働者」を、「職場復帰の要件」を満たしたうえで「職場適応の
措置」を実施して職場復帰させること。

▼支給対象労働者
(1) 身体障害者
(2) 精神障害者(発達障害のみの方を除く)
(3) 難治性疾患を有する者
(4) 高次脳機能障害のある者

▼職場復帰の要件
(1) 事業主が雇用していた雇用保険被保険者について、雇用保険被保険者
  として職場復帰させ、継続して雇用することが確実であること
(2) 「職場適応の措置」に要する経費や指定の医師の意見書の交付、その他
  この助成金の申請に要する経費を、事業主が全額負担すること

▼職場適応の措置
(1) 能力開発・訓練関係
(2) 時間的配慮等関係
(3) 職務開発等関係
(4) リワーク支援関係

▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html

▼詳細説明サイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000081479.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 中小企業優秀新技術・新製品賞
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社は、中小企業の
技術振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に、1988年から
「中小企業優秀新技術・新製品賞」を設け、中小企業の皆様が開発した
優れた「新技術・新製品」と「新ソフトウエア」を毎年表彰しています。

▼受給額
10万円~100万円

▼対象
(1) 一般部門
  新技術・新製品を自ら開発した未上場の中小企業、個人事業主および
  異業種交流等のグループや組合。

(2) ソフトウエア部門
  新ソフトウエアを自ら開発した未上場の中小企業、個人事業主および
  異業種交流等のグループや組合。

▼問合せ・詳細
「公益財団法人 りそな中小企業振興財団」
http://www.resona-fdn.or.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 平成31年度福祉助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
福祉施設の「経済的自立力」向上のため、新規事業の立上げや生産性向上に
必要な設備や機器の購入を支援する助成事業を行っています。

▼種類と受給額
(1) ジャンプアップ助成金
  すでに障がい者の給料増額に一定の実績がある施設・事業所に対し、
  さらに多くの給料を支払うための事業資金を助成します。
   → 定額500万円

(2) ステップアップ助成金
  障がい者の給料増額に努力し、全国平均以上の給料支給実績がある施設
  ・事業所に対しさらに多くの給料を支払うための事業資金を助成します。
   → 上限200万円

(3) 障がい者福祉助成金
  次の事業に助成します。「会議・講演会・研修・出版・啓発・調査・
  研究・スポーツ・文化の事業等」
   → 100万円

▼受給例
(1) 「発達障害の理解と支援」の講演会
(2) 被災地における小規模作業所の復興支援
(3) 「障がい者雇用の効果がわかる本」の作成
(4) 「難聴者・中途失聴者のハンドブック」の作成
(5) 障害のある人とない人が共に創り上げるファッションショーの開催

▼問合せ先・詳細
「公益財団法人ヤマト福祉財団」
http://www.yamato-fukushi.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 住宅用太陽光発電設備の買取期間満了を迎える方へ
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

2009年11月から開始された余剰電力買取制度の適用を受けた住宅用太陽光
発電設備は、2019年11月以降順次、固定価格買取制度による買取期間が満了
を迎えます。
住宅用太陽光発電設備は、買取期間満了後も自立的な電源として発電する
役割が期待されています。こうした環境変化は、太陽光発電設備を設置されて
いる御家庭の皆様にとっては自家消費型のライフスタイルへの転換を図る
契機となり、事業者の皆様にとってもビジネスチャンスとなるため、政府と
してもこうした取組を後押しするべく、買取期間満了後の選択肢や今後の
対応について広く周知するためポータルサイトを開設しました。

▼詳細
「資源エネルギー庁」
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/index.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――

C-2 総務省 テレワークマネージャー派遣事業(無料)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

テレワークは、ICTを活用し場所や時間を有効に活用できる柔軟な働き方です。

・営業職等が移動中のすきま時間や待機時間を有効活用して、生産性を向上
 させたい

・育児・介護や配偶者の転勤により、せっかく採用・育成した従業員が離職
 するのを何とかしたい
・「仕事の見える化」を実践し、無駄な仕事を削減して長時間労働をなくしたい
等々

テレワーク導入等を検討している企業・団体等にテレワークの専門家が無料
で助言や情報提供等を行います。

「平成30年度総務省 テレワークマネージャー派遣事業 事務局」
http://www.keieiken.co.jp/h30telework/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 中小企業 新ものづくり・新サービス展
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

「ものづくり補助事業」の活用で開発した新製品・サービス・技術等、全国の中小
企業が挑戦を繰り返し、工夫を凝らした様々な分野の成果が一堂に会する展示
商談会です。

「事業を加速させる新しいアイディアに出会いたい」
「調達コストを抜本的に見直したい」
「課題となっている加工技術を解決したい」など、
中小企業の底力で生み出される成果を活用したい方々にはぜひご参加いただ
きたい、入場無料のイベントです。

なお、会場に足を運べなくても下記サイト内で出展者の概要を知ることが
できます。

https://www.shin-monodukuri-shin-service.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-1 win10で起動時のパスワード入力を省略するには
―――――――――――――――――――――――――――――――――

Windows 10では、パソコン起動時のパスワード入力を省くことができ、常に指定
したユーザーで自動的にサインインできます。

しかし、パスワード入力を省略すると、パソコンの電源を入れるだけで、誰でも
パソコン内のデータにアクセスできる状態になります。セキュリティが低下し、

データの不正アクセスや改ざんなどの問題が発生する可能性があるため、パソ
コンを持ち歩いたり、複数人で共有する場合などは、パスワードの入力は省略
しないようにしましょう。

Windows10 – 起動時のパスワード入力を省略 – 自動サインイン

―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-2 不用なソフトをアンインストールするには
―――――――――――――――――――――――――――――――――

パソコンにインストールされたアプリケーションは、コントロールパネルから削除
(アンインストール)することができます。

パソコン内の不要なアプリケーションを削除することで、ハードディスクの空き
容量を増やしたり、パソコンの起動時間や処理速度が速くなる効果があります。

なお、アプリケーションによっては、削除用のプログラムが用意されていること
があります。「すべてのプログラム」に表示されるアプリケーションのフォルダー
に削除用のプログラムある場合は、そちらから削除することをおすすめします。

「NECサポート」 コントロールパネルの表示方法
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/qadoc?QID=017676

―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-3 だじゃれステーション
―――――――――――――――――――――――――――――――――

ダジャレの紹介投稿サイトです。ゆる~い気分で鑑賞しましょう。

http://dajare.jp/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
配信元 松木労務管理事務所
〒700-0816 岡山県岡山市北区富田町2丁目6-6 コートスクエアーⅢ502
TEL 086-235-4987 FAX 086-223-2299
Mail roumu@kiu.biglobe.ne.jp
URL http://matsukiroumu.com/

配信停止は上記へメールしてください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

助成金メルマガ情報

  1. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.11.1号
  2. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン2018.10.15号
  3. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.10.1号
  4. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.9.18号
  5. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.9.7
  6. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.8.17号
  7. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.7.2号
  8. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン 2018.6.15号
  9. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン2018.5.17号
  10. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン2018.4.17号
  11. 【岡山・社労士】助成金メールマガジン2018.2.1号
PAGE TOP